よりお得に業務依頼をするための翻訳会社基礎知識講座

男女

翻訳会社の料金について

電話をする女性

良い翻訳業者を見分ける方法の1つとしては、その会社の「単価」を見ることが大事です。最近は機械を使って翻訳をしている会社も増えてきていますので、そういった会社に翻訳を依頼するとなると格安になります。価格や品質を重視しているお客様にはこういった会社はおすすめできません。会社に専任の営業マンがいない場合、相場と比べて安くもなく高くもない感じでおすすめしやすいです。
そして、専任の営業マンがいて、お客様への対応が丁寧な会社の場合は、品質を重視しているので依頼しやすいと思います。ただ、しっかりしている分単価が高めになります。専門分野の翻訳会社もありますが、専門性があまり低い会社の場合、やはり安くなります。
翻訳会社ではページ数と文字数の二通りの請求方法があって、文字数における単価と言うのは、1文字ごとに計算するのではなく、ワードごとに計算されるのが特徴です。なのでやはり翻訳会社の単価を比較したい場合は、文字単価とページ単価を比較することも大事ですね。最近はホームページでも確認することができます。
法律や医学などの専門的な分野を扱っている場合は、翻訳だけでなく、専門的な知識も必要となってくるので、料金も高くなります。自分の依頼する文章に合った会社を選びましょう。

ミスなく翻訳が行えるのは翻訳会社

学校やビジネス、さまざまな会合等において使用される資料や契約書といった書面は重要な存在となっています。これらの多くは誰が観てもすぐに理解出来るように翻訳されている事が多いのですが、海外から直接取り寄せたりした物の中には英文等で記載されている原文となっている状態もあります。そんな原文では語学力が堪能な方で無いとなかなか内容を把握する事が出来ません。
そんな時、自身で翻訳を行うのではなく「翻訳会社」へ依頼する事がおすすめとなるのです。それはミスがほとんどなく仕上げる事が出来るからなのです。英文等の翻訳は自身が持っている語学力や辞書等にて調べる事によっても可能となってきます。しかし英文等においては単語のみで使用される場合と文章で使用される場合に異なる意味合いになる事があります。
その為、翻訳したものがネイティブな内容と全く異なる内容となってしまう事もあります。さらに日本語から英文等に翻訳する場合に多いのがスペルミスとなってきます。しかし翻訳会社ではネイティブなスタッフ等によってしっかりと確認が行われる為、ミスの発生もほとんどなく翻訳が出来るのです。翻訳会社へ依頼する事で、ミスの無い翻訳が行える為どんな重要な書面でも完璧な仕上がりとなるのです。

翻訳会社へ依頼する魅力について

学校や機関機関、ビジネスの場においても多くの契約書や資料が使用されています。これらの中には日本国内だけでなく、海外から取り寄せている物も多くあります。日本でこれらが使用される場合には日本語に翻訳されて使用されますが、英文等の原文のままとなっている事もあります。そんな翻訳されていない状態だとほとんどの方が理解する事が出来ませんが、そんな時は「翻訳会社」へ依頼する事がお勧めとなります。
翻訳を翻訳会社へ依頼する魅力をご紹介します。まず自身の学力や辞書で調べた翻訳よりも公費品質な仕上がりとなる事です。英語は学校でも基礎的な単語や文法を学ぶ為、辞書等で調べる事によって翻訳は可能となってきます。しかし英語には一つの単語や文法にも、使用される用途によって全く異なる表現がされる事も多いのです。
この表現は学校で学ぶ事がない高度な場合もあり、自身で翻訳を行うと正確な翻訳とは全く異なる内容になってしまう可能性があります。しかし翻訳会社へ依頼すると、どんな高度な文法であっても内容に合った正確な表現を行ってくれる為、より高品質な翻訳に仕上げる事が出来るのです。翻訳会社は素人では行えない、高度な内容でもきっちりと翻訳する事が出来るのです。

翻訳会社を活用するにはどうすればいいか

翻訳会社というとあまり馴染みがないため、活用方法が思いつかないという企業の方も多いようです。しかしそのサービス内容を見ると、多くの企業にとって便利なものであることがわかります。翻訳会社を上手に活用し、企業経営に大いに役立たせていきましょう。翻訳会社のサービスは、翻訳して欲しい文章と翻訳先の言語を指定すると、希望通りの翻訳文が納品されるというものです。日本語を英語に翻訳するのはもちろん、イタリア語から中国語といった日本語を介さない翻訳も可能です。医療や法務、特許などの専門分野にも強く、学術的な活用もできます。主な活用方法としては、海外の企業との取引に使う文書の翻訳があげられます。市場の大きさに魅力を感じて海外進出を検討する場合、壁となるのが言語の違いです。翻訳会社を活用すれば、海外企業とのやり取りもスムーズにこなせるようになります。翻訳が必要なときのみサービスを利用すればいいので、社内で専門の人材を雇う必要がない点も利点と言えます。自社の魅力を海外に向けてアピールしたい時にも翻訳会社は役立ちます。高度な技術を持っていても、それを海外の人が読める形で発信しない限り気付いてもらえません。商品情報や企業のホームページを多言語化してもらえば、新たなビジネスチャンスにつなげることも可能です。

TOP